通関士の試験情報

通関士の試験情報

【受験資格】
学歴、年令、経歴、国籍などの制限は一切ありません。
※女性受験者も年々増加する傾向にあります。

【申込期間】
7月初旬~8月中旬(願書受付終了)まで。

【試験日】
毎年1回、10月初旬~中旬の日曜日に行われます。
その年によって、若干変更になることもありますので、
事前に確認しておきましょう。

【受験できる場所】
全国に13カ所あります。
札幌、新潟、東京、仙台、横浜、静岡、名古屋、大阪、神戸、
広島、福岡、熊本、那覇
(※指定試験会場であれば、どこでも受験できます。)。

【試験科目】
通関士試験は、以下の3科目から出題されます。
(1)通関業法
(2)関税法等
関税法、関税定率法その他関税に関する法律、
および外国為替、外国貿易法(第6章に関する部分のみ)
(3)通関実務
通関書類の作成要領、その他通関手続きの実務
*実際に、輸出申告書と輸入申告書を作成し、関税額を計算。

【出題形式と合格基準】
各試験科目とも筆記(マークシート方式)により行われます。

<配点>
通関業法 40点(20問)
関税法等 50点(30問)
通関実務 30点(17問)

<合格基準>
上記3科目でそれぞれ60%以上の得点が合格基準です。
1つでも、60%以下の得点があったときは、
たとえ総得点が全体の60%以上であっても、
合格にはなりませんのでご注意ください。

【近年の試験結果】

  受験者数 合格者数 合格率
平成16年度 10,191人 1,920人 18.8%
平成17年度 9,953人 2,466 24.8%
平成18年度 10,357人 725人 7.0%
平成19年度 10,695人 820人 7.7%
平成20年度 10,390人 1,847人 17.8%
平成21年度 10,367人 807人 7.8%
平成22年度 9,490人 929人 9.8%
平成23年度 9,131人 901人 9.9%
平成24年度 8,972人 769人 8.6%
平成25年度 8,734人 1,021人 11.7%
平成26年度 7,692人 1,013人 13.2%
平成27年度 7,578人 764人 10.1%

<サイトの管理人よりアドバイス>

近年は、女性の受験者率が高まっていることも
特長としてあげられます。
概ね、男性3対女性1が、近年の男女別受験比率です。
昔は男の職場と言われてきた通関士の世界にも
女性の進出が目立つことや、
通関士の知識(関税法や関税定率法外国為替法など)を
貿易会社等への就職に活かす女性が増えていることが、
その背景にはありそうです。

さて試験の難易度ですが、受験者数は、ここ数年来は毎年約1万人で
安定を見せています。合格率はその年によりかなり変動があるのが、
通関士試験の特長です。
平成18年と19年度は極端に合格率が下がりました。
平成20年再び10%台の合格率を回復していますが、
平成21年度は再び7.8%に合格率が下がっています。
そしてここ最近では、約10%前後の合格率となっています。

この合格率の変動の理由については、
管理人も分析はできていません。
ただ了解しておいていただきたいこととして、通関士の試験は
合格ラインが定められた試験であるということです。
これについても変動が加わる年はあるようですが、
基本的には60%以上を得点すれば、合格できる試験なのです。
独学・通学の違いに関わらず、合格率に惑わされることなく、
3科目の学習を確実に積み重ねれば、通関士の合格は
決して難しいものではないことを押さえておいてください。

次のページ