通関士の試験情報

出題範囲や試験内容について

【受験資格】

学歴、年令、経歴、国籍などの制限は一切ありません。
※女性受験者も年々増加する傾向にあります。

【申込期間】

7月初旬~8月中旬(願書受付終了)まで。

【試験日】

毎年1回、10月初旬~中旬の日曜日に行われます。
その年によって、若干変更になることもありますので、事前に確認しておきましょう。

【受験できる場所】

全国に13カ所あります。
札幌、新潟、東京、仙台、横浜、静岡、名古屋、大阪、神戸、
広島、福岡、熊本、那覇

(※指定試験会場であれば、どこでも受験できます)

【試験科目】

通関士試験は、以下の3科目から出題されます。

  • 1.通関業法
  • 2.関税法等
    関税法、関税定率法その他関税に関する法律、および外国為替、外国貿易法(第6章に関する部分のみ)

関税法の「その他関税に関する法律」ですが、これには関税暫定措置法や、コンテナに関する通関条約・および貨物の国際運送に関する通関条約等における関税法の特例についての法律、また電子情報処理組織による関税手続きの特例などに関する法律(NACCS特例法)などが含まれています。

またこれらの法律のほかに、それぞれの法律に基づく政令や省令などについて出題されることもあります。

  • 3.通関実務
    通関書類の作成要領、その他通関手続きの実務
    *実際に、輸出申告書と輸入申告書を作成し、関税額を計算。
  • 【出題形式と合格基準】

    各試験科目とも筆記(マークシート方式)により行われます。

    <配点>

    通関業法 40点(20問)
    関税法等 50点(30問)
    通関実務 30点(17問)

    <合格基準>

    上記3科目でそれぞれ60%以上の得点が合格基準です。
    1つでも、60%以下の得点があったときは、たとえ総得点が全体の60%以上であっても、合格にはなりませんのでご注意ください。

    【受験願書の入手方法】

    受験願書は、受験希望の試験実施地を管轄する税関で7月上旬から8月中旬の受験の申込み締切りの日まで配付されています。

    郵送により請求する場合には、120円分の切手を貼ったあて先明記のA4サイズが入る大きさの返信用封筒を同封して、受験希望の試験実施地を管轄する税関の通関業監督官まで送ります。受験願書受付期間に間に合うよう早めに請求するようにしましょう。

    詳しくは税関のホームページを参照してください。
    http://www.customs.go.jp/

    人生設計に慎重なみなさんの一発合格を支える通信教材→http://www.foresight.jp/tsukanshi/

    【近年の試験結果】

    受験者数 合格者数 合格率
    平成27年度 7,578人 764人 10.1%
    平成28年度 6,997人 688人 9.8%
    平成29年度 6,535人 1,392人 21.3%
    平成30年度 6,218人 905人 14.6%
    令和元年度 6,388人 878人 13.7%

    <サイトの管理人よりアドバイス>

    近年は、女性の受験者率が高まっていることも特長としてあげられます。

    概ね、男性3対女性1が、近年の男女別受験比率です。

    昔は男の職場と言われてきた通関士の世界にも女性の進出が目立つことや、通関士の知識(関税法や関税定率法外国為替法など)を貿易会社等への就職に活かす女性が増えていることが、その背景にはありそうです。

    さて試験の難易度ですが、受験者数は、ここ数年来は毎年約1万人で安定を見せています。合格率はその年によりかなり変動があるのが、通関士試験の特長です。

    この合格率の変動の理由については、管理人も分析はできていません。

    ただ了解しておいていただきたいこととして、通関士の試験は合格ラインが定められた試験であるということです。

    これについても変動が加わる年はあるようですが、基本的には60%以上を得点すれば、合格できる試験なのです。

    独学・通学の違いに関わらず、合格率に惑わされることなく、3科目の学習を確実に積み重ねれば、通関士の合格は決して難しいものではないことを押さえておいてください。